四十肩・五十肩について

四十肩

四十肩・五十肩という言葉を耳にされたことはあるでしょうか?

  • 痛みで肩をあげることができない
  • 腕を外側に開くとひどく痛む
  • 就寝時も痛みがあり眠ることができない

このような四十肩、五十肩の症状は、必ずしも40代、50代の人だけに起こるものではありません。最近では20代の若い方でも四十肩・五十肩の症状を訴えるケースもあるようです。

突然症状があらわれる四十肩・五十肩は病状が悪化すると肩を上げただけでも激痛が走り、日常生活に大きな支障をきたします。

また、症状を抱えて整形外科を訪ねて検査を受けても、具体的な原因や治療法が見つからず、痛み止めや湿布を処方されて終わってしまう場合も多いでしょう。

今回はそんな四十肩・五十肩の症状と改善法についてお話させていただきます。

四十肩・五十肩の症状

五十肩

四十肩・五十肩の現代医学での正式な呼び名は「肩関節周囲炎 (かたかんせつしゅういえん) 」です。

肩関節周囲炎は主に40代、50代に多く見られることから四十肩・五十肩と呼ばれています。

主な症状は、肩関節にあらわれる“ひどい痛み”です。

また、四十肩・五十肩になると肩関節の動きが悪くなり稼働範囲も狭まります。このため、腕を上げたり、外側へ広げる動作が健康な時に比べて大きく制限されてしまいます。

四十肩・五十肩の状態は、

  • 急性期
  • 慢性期
  • 回復期

の3つに分かれており、急性期には痺れるような鋭い痛み、慢性期には鈍い痛みに変わります。

症状は1~3年ほどの期間を経て自然治癒していきますが、間違った治療を行うと完治までの期間が延びたり、完治後の肩関節の可動域が狭くなってしまいます。

四十肩・五十肩の原因

肩

現代医学では主に以下のような原因があるとされています。

  • 加齢による肩関節周辺の筋肉の衰え
  • 加齢による腱や靭帯の柔軟性低下
  • 血液の循環不良で肩周辺の組織に炎症が起こる

しかし、これらに科学的な根拠はなく、現代医学では四十肩・五十肩の原因は解明されていないのです。

ほかにも、肩に痛みが出る要因として

  • 糖尿病や腫瘍(しゅよう)
  • 頸椎疾患や内臓疾患
  • 骨折や脱臼

などがあります。これらの原因が明らかな場合は、医学的な所見が見られない四十肩・五十肩とは全く別物として扱われています。

東洋医学の考え

東洋医学

原因が解明できない現代医学(西洋医学)に対して、東洋医学では四十肩・五十肩の原因は主に

  • 肺機能の低下
  • 気血の巡り

が大きく関係していると捉えています。

このためこれらの状態を正常に導くことで、四十肩・五十肩の症状を改善していくのです

西洋医学では四十肩・五十肩の改善は難しい?

女性

四十肩・五十肩になった場合、一般的には整形外科や近所の整骨院などへ行かれるでしょう。

しかし、そこで見当違いの治療をおこなったが故に症状が悪化してしまうこともあります。

四十肩・五十肩は肩周辺の気血のめぐりが悪くなり症状がおきています。そのため、冷感療法(冷やす)は行うことは逆効果です。また、患部をもんだり、さすったりしても症状は改善されません。

病院で処方される痛み止めの副作用は体に大きな影響を与えます。

また、投薬やブロック注射により痛みが和らぐのは一時的です。原因を根本から治さないことには四十肩・五十肩の症状は一向に改善されないのです。

東洋医学と西洋医学の違い

「病気を診る西洋医学、病人を診る東洋医学」

こちらは西洋医学と東洋医学の違いを表現した言葉です。この場合の「病気」は肩の痛みで「病人」は患者様になります。

つまり、部分療法に特化した西洋医学ではお手上げの四十肩・五十肩も、からだ全体を見る東洋医学では症状を改善させることができるのです。

四十肩・五十肩の痛みでお悩みの方は一日でも早く東洋医学の施術を受けることを推奨します。

東洋はり灸院の鍼灸!3つのポイント

続けて、当院の鍼灸の特徴についてお話いたします。

1.四十肩・五十肩の鍼灸

東洋医学

体を構成し全身を巡っている3大要素が

です。この「気・血・水」の流れが滞ることにより、体に不調が発生するのが東洋医学における痛みのメカニズムです。

四十肩・五十肩の場合は肩の経絡(気血が流れる路)でのトラブルにより痛みが発生しています。このため気血の流れを正常化させるための鍼灸を施します。

また、四十肩・五十肩の方は肺の機能低下が多く見られるため、「孔最」「大椎」といったツボ(経穴)にも灸を行います。

2.からだ本来の力を引き出します

女性

東洋医学による鍼灸では目先の痛みだけでなく、からだ全体の不調を正すことで本来持つ自然治癒力を引き出します。そのため、四十肩・五十肩のほかに抱えている不調も同時に改善されていきます。

例えば、

  • 末端冷え性
  • 胸やけなどの胃腸障害
  • 下痢や便秘などのトラブル
  • 生理不順、生理痛

などですね。

この包括的なアプローチこそが東洋医学の真髄なのです。

3.どのくらいで効果を実感できるか?

東洋はり灸院に通院される方ですと、早ければ一回目の施術で効果を実感される方もいらっしゃいます。平均的には3~5回程で感じる方が多いでしょう。

また、病院(西洋医学)では1~3年で完治と言われる四十肩・五十肩ですが、東洋はり灸院にて施療を続ければ1~3か月ほどで大きく症状が改善されていきます。

もちろん、発症した年齢や痛みの度合いにもよりますが、整形外科に通うのとは比べものにならない程、痛みが緩和されます。

※施術効果には個人差があります

四十肩・五十肩についての対談動画

肩の症状について解説した動画もございますので、ぜひご覧ください。

町田本院 石丸院長との対談

四十肩・五十肩を改善された方との対談

自由に動くからだを取り戻しましょう

東洋はり灸院

いかがでしたか?

今回は、四十肩・五十肩についてお話させていただきました。

四十肩・五十肩は、きちんと施術すれば驚くほど症状が改善されます。東洋医学ではあなたの四十肩・五十肩の真の原因を見つけることができるからです。

肩の痛みでやりたいことをあきらめるのはもう終わりにしましょう。

元気で自由なからだを取り戻すためにも、ぜひ一度東洋はり灸院にお越しください。通うほどに効果を実感し、きっと笑顔になっていただけるはずです。

東洋はり灸院では、確かな技術を備えた鍼灸師があなたのことをお待ちしております。