施術の流れ

施術の流れを動画で見る

動画でも鍼灸施術の流れを案内しておりますので、ぜひご覧ください。

鍼灸施術の所要時間

受付からお会計まで 60分ほど

施術時間 40~50分ほど

1.受付

受付

スリッパに履き替えていただき、受付をしていただきます。

初めての方は、受付時にカウンセリング表をお渡しします。イスに座ってご記入ください。

2.カウンセリング表への記載

カウンセリング表

カウンセリング表には、気になる症状やお悩みをご記入ください。些細なことでも結構です。

ご記入が終わりましたら、受付のスタッフまでお渡しください。

お時間になりましたらお呼びいたしますので、待合室にてお待ちください。

3.施術ベッドへご案内&お着替え

施術ベッド

お時間になりましたら、カーテンで仕切られたベッドへご案内いたします。

お仕事帰りの方でもお気軽にご利用いただけるよう、施術用の短パンとTシャツを無料でご用意しております。

無料のお着替え

もちろんご持参されたものでも結構です。

持参していただく場合、肩や鎖骨のあたりにも施術できるよう上は少し大きめのTシャツ、下も少し大きめのハーフパンツをご用意いただけると幸いです。(キーワードは「大きめ」です。)

お着替えが終わりましたら、お声がけください。

4.カウンセリング

カウンセリング

カウンセリング表にご記入いただいた内容をもとに、伝統的な東洋医学の教えに基づいたカウンセリングを行います。

四進法

  1. 「望診」 = 視覚を通して病態を診察
  2. 「聞診」 = 聴覚・嗅覚を通じて病態を診察
  3. 「問診」 = 問いかけと応答により病態を診察
  4. 「切診」 = 脈・腹を診て病態を把握

この4つの方法でお身体の状態を確認しながら、施術を行ってまいります。

不安に思われることがありましたら、お気軽にお尋ねください。

5.痛くない「はり」

鍼

爪楊枝との比較

東洋はり灸院では、最も細くて短い、使い捨ての「はり」を用いた施術を行っています。一般によく用いられる「ステンレスのはり」ではなく、とても柔らかい「銀のはり」を用いているので、人体に優しいのが特徴です。

銀のはり

銀のはり

また、「はり」を一つひとつのツボに打つたびに術前・術後の「脈の変化」をしっかり見ており、刺しっぱなしにすることはありません。

鍼灸はそもそも「はり刺し」ではなく、「はり」という道具を用いて五臓六腑の「気・血・水」を整え、その状態を脈とお腹の変化で判断するというもの。これこそが、伝統的な「真の東洋医学」です。

脈やお腹を診ない鍼灸は、もはや東洋医学ではありません。

6.熱くない「お灸」

お灸

薬局などで手に入る既製品のお灸ではなく、国産最高級のもぐさを魂を込めて手で捻った、不純物のない「お灸」で施術しています。

柔らかく温かみのあるもぐさを、真の東洋医学に則ったツボに置いていくので、身体に優しく、とても心地よい「お灸」です。

もぐさ

国産最高級のもぐさ

7.お身体の状態を確認&今後の説明

説明

東洋医学に基づいたカウンセリングを行い、お身体の状態を説明したのち、その原因や改善に必要な今後の取り組みなどをお話しします。

東洋はり灸院では、理論だけでなく、「改善するための説明」を重視しています。

8.お会計

お会計

鍼灸施術や術後の説明の終了後、お着替えしていただき、お会計です。

この際に、次回のご予約をお取りいただくことも可能です。

再度の来店をむやみに促すようなことはございませんので、ご安心ください。