脊柱管狭窄症の鍼灸について

脊柱管狭窄症
  • 腰が痛い
  • 足がしびれる
  • 長時間歩けない

そんな脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)の症状にお悩みのミドル・シニア世代の方も多いのではないでしょうか?

脊柱管狭窄症になってしまうと、長時間の歩行ができなくなるなど日常生活に支障が出るケースも決して少なくはありません。症状が進行すると最終的には歩行困難になってしまいます。

西洋医学の治療では限界があり、整形外科でMRIなどの検査を行っても検査結果と症状が一致しない場合も多数。手術をしても充分に緩和されないこともある症状です。

脊柱管狭窄症の症状は、一部の筋肉や骨の様子だけを切り取っても正確な判断や施術は困難です。そこでおすすめなのが、東洋医学でのケア。東洋医学は体全体をケアすることが得意です。

そこで今回は、この脊柱管狭窄症についてお話させていただきます。

脊柱管狭窄症の症状

女性

脊柱管狭窄症の主な症状として、腰や足の痛みやしびれ、間欠跛行(かんけつはこう)などがあります。

間欠跛行とは、歩き始めてすぐは問題ないのですが、だんだんと足の痛みやしびれ、こわばりが発生して歩くことができなくなる状態を指します。座ったり、前かがみになったりと体勢を変えると、症状が和らぎまた歩けるようになります。

脊柱管狭窄症が進行すると、長時間・長距離の歩行が難しくなり、下半身の筋肉が衰えてしまい最終的には歩行困難になってしまいます。

その他、

  • 会陰部のほてり
  • 排尿障害
  • 便秘

などが起こる場合も。

少し歩いただけで、歩くのが困難になると行動範囲がせばまり、相当のストレスが溜まります。充実した毎日を送るためにも、何とかケアをしたいところです。

脊柱管狭窄症の原因

脊柱

西洋医学では、脊柱管狭窄症の原因は、脊柱管(せきちゅうかん)内の神経や血管が圧迫されることで痛みやしびれを感じることにあるといわれています。

脊柱管とは背骨の中の筒状のスペースで、その中には感覚や運動を司る神経の束が通っており、脳から伸びた神経は脊柱管を通って体の各パーツへと枝分かれします。

何らかの原因で脊柱管の周りにある椎体(ついたい)や椎弓(ついきゅう)、じん帯が変性したり、椎間板が飛び出したりすることで、脊柱管内の神経や血管が圧迫され、脊柱管狭窄症のさまざまな症状が現れるのです。

間欠跛行が起こるのは、立った状態だと脊柱管が狭くなるため神経が圧迫され、前かがみになると脊柱管のスペースが少し広がるからです。

西洋医学では限界が?脊柱管狭窄症の改善法

西洋医学では、脊柱管狭窄症の疑いがある場合、整形外科で治療を行います。診断の際は神経の状態を詳しくチェックするためにMRIを使用。

ですが、日本整形学会によると画像と症状のずれは、はなんと80%にものぼります。実際、画像では問題がないのに歩行が困難というケースやその逆もたくさんあります。

西洋医学において、脊柱管狭窄症の正確な診断が難しいのは、静止画像の様子で判断しているからです。

人間の体は常に変化をしており、脊柱管のスペースの狭さも一定していないので、静止画からは正確な状態を把握するのは困難なのです。ですので、症状の改善に関しても西洋医学では限界があるといえます。

西洋医学では、脊柱管狭窄症だと分かったら

  • シップ
  • 電気療法
  • 痛み止め
  • リハビリ

といった外科手術を伴わない保存療法からスタートし、改善しない場合は神経の圧迫を取り除く手術を行います。

しかし、手術をしても改善をしないケースも多く、また保存療法は整形外科の得意とするところではありません。

その点、鍼灸はその道のプロ。ですので、手術に踏み切る前に鍼灸の施術を試すことをおすすめします。

東洋はり灸院の鍼灸について

中国では4000年、日本では1400年以上の歴史を持つ伝統的な民間療法である鍼灸。脊柱管狭窄症にお悩みの方を施術した実績が多数あります。

四診法(ししんほう)

カウンセリング

まずは、まずは、「四診」と呼ばれる東洋医学の伝統的な方法で、カウンセリングを実施。

四診とは、

  1. 視覚を通して体の状態をチェックする「望診」
  2. 聴覚や嗅覚を通じて体の状態をチェックする「聞診」
  3. 問いかけと応答により体の状態をチェックする「問診」
  4. 脈や腹を診て体の状態をチェックする「切診」

からなります。

画像からでは分からない、

  • 神経
  • 筋肉
  • 気や血の流れ

といった体の「今」の状態をしっかりと把握。お客様一人ひとりの体質や状態に合わせて、根本から体の状態を整える施術を行います。

国家資格を持つ鍼灸師

当院の鍼灸師は全て国家資格者です。

幅広い知識と確かなスキルを持つ鍼灸師が施術を行い、神経や血の流れを整えるツボを刺激。体質から根本改善を目指していきます。

鍼ともぐさ

鍼灸施術

より良い施術のために、使用する道具にも徹底的にこだわっており、広く使われているステンレスのはりだけではなく、「金のはり」や「銀のはり」も使用。高価ではありますが、人体に優しくケアの効果も高いといわれています。

また、灸に使用するもぐさは不純物がなく柔らかく温かみがある、人体に優しいい国産の最高級のものを用意。お客様の症状のケアに全力を尽くしています。

痛みのない、アクティブな毎日に

女性
脊柱管狭窄症による、足腰の痛みやしびれ、歩行困難などが改善すると、生活がガラッと変わります。

山登りやスポーツを楽しんだり、レジャーを満喫したり、お孫さんと一緒に遊んだり。症状に悩まされていた日々からは考えられないほど、アクティブな毎日を送ることができます。

事実、改善されたお客様からは「すごく楽になった!」といった喜びの声が寄せられています。

今現在、脊柱管狭窄症の症状でお悩みの方は、ぜひ私たちにご相談ください。

スタッフ一同、全力でサポートさせていただきます。