夜尿症(おねしょ)について

夜尿症

お子さまの夜尿症でお悩みではありませんか?

  • 子どもが知らず知らずのうちにおねしょをしてしまう
  • おねしょが治らず、つい子どもを怒ってしまう
  • 子どものおねしょが心配で旅行にも行けない

このようなお子さんのおねしょに関する悩みを抱えた家庭は、意外と多くいらっしゃいます。

尿意を感じず布団に、おもらしをしてしまう夜尿症(おねしょ)は子どもにとってプレッシャーになります。また、親にとってもデリケートな問題だけに、周囲に相談できず強いストレスを感じてしまうことも多いようです。

夜尿症(おねしょ)は病院で治療をしてもなかなか改善しないと言われます。

そこで今回は、夜尿症の原因や改善法について東洋医学の視点からお話ししていきます。

夜尿症(おねしょ)とは

おねしょ

夜尿症とは、本人が尿意を感じず、知らないうちに尿を漏らしてしまう「おねしょ」のことです。一般的には幼児期の夜尿を「おねしょ」、5、6歳以降の夜尿を「夜尿症」と呼びます。

症状は夜中に数回尿を漏らしてしまうケースや、明け方に一気にお漏らしをしてしまうケースなどがあります。

いずれにしても、寝ている間に起きた尿意を本人が気づけないこともあり、トイレでの排尿には至りません。

夜尿症は小学生で10~20%ほど、中学生でも1~2%の子どもが患っている疾病で、症状は長いと高校生くらいまで続きます。

その後は自然治癒することもありますが、思春期を迎える子どもにとって夜尿症は大変つらい問題で、早期改善を願うのは他でもない本人たちなのです。

夜尿症の主な原因

子供

現代医学の見解では夜尿症の原因は次のものがあります。

  • 心理的ストレス
  • 膀胱の未発達
  • 夜間尿量が多い

しかし、実際のところ病院を受診しても原因を掴めないことがほとんどです。夜尿症(おねしょ)は泌尿器科での検査において、西洋医学的な所見(からだの異常)が一切確認できないからです。

そのため病院では投薬治療などの対症療法にとどまり、症状が一向に改善されないケースが少なくないようです。

東洋医学の考え

一方で、東洋医学では夜尿症(おねしょ)の原因は次のように考えます。

  • 遺伝、体質的なもの
  • 泌尿器系器官の未発達(先天的なものを含む)
  • 腎、肝の機能低下や機能不全

西洋医学と東洋医学では夜尿症の捉え方が全くちがいます。

夜尿症は一般的には病院(西洋医学)を受診しますが、実際に夜尿症の原因を見つけて症状を改善できるのは東洋医学の方なのです。

西洋医学では夜尿症は治せない?

  • 外科的な治療
  • 救急救命処置
  • 精密検査
  • 感染症

西洋医学はこれらの分野にて、高い技術を誇ります。しかし、夜尿症(おねしょ)のように根本原因が定かでない疾患はあまり得意ではありません。それは、西洋医学が部分療法に特化した医学だからです。

薬のリスク

薬

病院にて処方される薬の効用と心配される副作用を解説します。

副交感神経遮断薬

副交感神経を遮断して膀胱に尿を溜める作用があります。しかし、副交感神経の働きを妨げることで睡眠の質が低下し、体の機能回復に障害をもたらす可能性があります。

抗利尿ホルモン薬

尿の量を一時的に減らす薬です。旅行など外泊でも効果が期待できる反面、本来出るべき尿を体内に留めるため、水中毒(水毒)を引き起こす可能性があります。

抗うつ剤

深い睡眠を誘発し尿を体内に止める効果があります。しかし、抗うつ剤で逆に睡眠障害になってしまうケースや吐き気やめまいといった副作用も確認されています。

原因をつかまず症状を一時的に鎮めるだけの西洋医学の薬には、やはりリスクがあるのです。

東洋はり灸院の夜尿症改善 3つのポイント

続けて、当院の鍼灸についてお話させていただきます。

1.からだ全体から夜尿症の原因をみつけます

鍼灸師

東洋医学は医療機器が介在しない「人が人を見る医学」です。

夜尿症(おねしょ)のカウンセリングでは、

  • 顔色
  • 話し方
  • 舌の色形
  • 便尿の量・色・匂い・硬さ

などを確認します。夜尿症(おねしょ)の原因を見つけだし、施術を行うのです。

2.体の機能を回復させる鍼灸

加藤

腎機能を疑われがちな夜尿症ですが、実際には主に肝機能へ施術をします。そのため「外関(ガイカン)」「臨泣(リンキュウ)」などのツボに灸をしていきます。

また、夜尿症は親の遺伝が関係していることも多く、体質改善が必要なケースも多々あります。

東洋はり灸院では、体の機能を正常化させるための鍼灸を行います。体の機能が回復し、体質改善ができれば、

  • 鼻炎などのアレルギー症状
  • 肩こり、腰痛
  • アトピーなどの皮膚症状

なども徐々に緩和していきます。

3.効果を感じる施療回数

子供

夜尿症(おねしょ)の施療は体質改善を伴うため、週1回程度の施術を継続する必要があります。

個人差はありますが、目安として早い方ですと6回程で効果を実感します。ですが、症状を大きく変えるには6か月以上の継続的な施術が必要です。

「そんなにかかるのか…」と思われるかも知れませんが、自然治癒でも中学、高校までかかることを考えると、早くから鍼灸をはじめる必要性は十分理解していただけるかと思います。

※施術効果には個人差があります

一日でも早く夜尿症からお子さまを救ってあげましょう

東洋はり灸院

自我が芽生えたお子さまにとって夜尿症は大変つらいものです。だからこそ少しでも早く施術を受けさせてあげてください。

東洋はり灸院の鍼灸師は全員が国家資格をもった「プロの鍼灸師」です。また多くの経験を積んだ「小児鍼のスペシャリスト」でもあります。

一日でも早く鍼灸を受け、つらい夜尿症からお子さまを救ってあげてください。

お子様、そして親御様が笑顔になれるよう全力でサポートさせていただきます。