唾液過多症について

唾液過多症

こんな症状があれば唾液過多症かもしれません。

  • 短時間で何度もつばを飲む
  • 唾液が多くていつも息苦しい
  • 唾液を何度も飲み込むため口やあご、唇が痛い
  • 口の中に唾液がたまり、しゃべり声がこもってしまう

わたしたちの口の中は絶えず唾液が分泌されています。その量は一日で1.5リットルほどと言われており、一日に体外へ排出する尿と同じくらいの量です。

わたしたちが生活の中で唾液やつばを意識することはさほど多くはないでしょう。しかし、唾液には消化を助ける作用や、殺菌作用がありわたしたちの口やからだを正常な状態に保ってくれているのです。

今回は、そんな唾液のトラブルである唾液過多症について、東洋医学の視点もまじえながらお話しさせていただきます。

唾液過多症とは

女性

唾液過多症は、字のごとく口の中の唾液の分泌量が多くなることで唾を飲む回数が増えたり、飲み込む回数(嚥下回数)が増える疾患です。

唾液の量は自分でコントロールすることはできません。そのため、分泌量が増えてしまうと口の中が唾液でこもった状態となり、息苦しく感じたり、話づらく感じたりします。唾液過多症の症状は妊娠中の「よだれつわり」にもよく似ていますね。

唾液過多症の症状には個人差があり、少し唾液が増えたと感じる方から、頻繁に唾液やつばを飲みこまなければならない方まで様々です。

唾液過多症に悩まされている方は、

  • 周囲の目を気にして飲みこむのを我慢する
  • 過剰に分泌される唾液を気づかれないように処理する

などストレスになることが多いようです。

唾液過多症の原因とメカニズム

唾液

唾液は、

  1. 口腔内の大唾液腺(耳下腺、顎下腺、舌下腺)
  2. 小唾液腺(口唇腺、頬腺、口蓋腺、臼歯腺、舌腺)

から分泌され体調に左右されやすい器官といわれています。

現代医学では唾液過多症は原因不明とされていますが、有力なものとして、

  • 消化器系の不調
  • 自律神経の乱れ
  • 飲みこみ不良(嚥下不良)
  • 妊娠中でホルモンバランスが崩れる

などがあげられます。

しかし、東洋医学の視点でみれば、唾液過多症は原因不明の病ではなく、脾臓や腎臓の不調によるものだと考えられています。人間のからだの中で消化器全般を担うこれらの機能が低下した結果、唾液過多症になってしまうのです。

東洋医学と西洋医学の違い

東洋医学

唾液過多症の改善には東洋医学が有効です。その理由としては以下のとおりです。

  • 東洋医学においては唾液過多症の原因があきらかである
  • 投薬をしないため、体への負担が少ない

病院(西洋医学)では唾液過多症の場合、内科や耳鼻科、また心因性があると診断された場合には心療内科を受診するなどたらい回しにされることも少なくないようです。

しかし、これは部分療法をおこなう現代医学(西洋医学)では仕方のないことです。

その点、東洋医学ではからだの不具合すべてを、ひとつの施術所でまとめて見ることができます。体を包括的にみることにより、唾液過多症を引き起こしている真の原因を見つけ、アプローチしていくのです。

唾液過多症に有効なツボ

唾液過多症の改善には五臓六腑の中でも主に「腎」、「脾」の機能を高める施術をおこないます。腎、脾の機能を高めるツボ(経穴)には

  • 腎の経穴(ツボ)… 照海、列決、腎兪、湧泉
  • 脾の経穴(ツボ)… 中脘、天枢、裏内庭

などがあり、この二つの機能を高めることで根本改善を目指します。

このように現代医学(西洋医学)では原因すらつかめない唾液過多症も東洋医学なら効果的に症状を改善させることができるのです。

東洋はり灸院の鍼灸について

当院で行う鍼灸の3つの特徴についてお話させていただきます。

東洋医学の真髄 「経絡治療」

経絡治療

東洋医学のなかでも鍼灸は、適応囲がひろく即効性があることが特徴です。

しかし、鍼灸のなかでも最高峰と呼ばれる経絡治療は、知識・技術の習得が難解で敬遠されがちです。

東洋はり灸院では、業界の2パーセントしかおこなっていない経絡治療を持て余すことなく提供しています。一般的な鍼灸整骨院ではおこなっていない本物の鍼灸をぜひ体感してください。

からだ全体の不調を包括的に改善

経絡図

唾液過多症の方はほかにも

  • 腰痛
  • 冷え性
  • 下痢
  • 便秘
  • 生理痛

などの症状をかかえていることが多くあります。

東洋はり灸院では「未病を治す(ちす)」という東洋医学の基本理念にひとつに基づいて、からだ全体を包括的に施療していきます。そのため、上記のようなつらい症状も同時に緩和されていくのです。

回を重ねるごとに効果を実感

女性

唾液過多症でお悩みの方が東洋はり灸院に通われた場合、3~5回ほどで効果を体感できる方が多いようです。その後、施術を続けるごとに症状はよくなり、8~12回程度でかなりの方が改善されております。

東洋はり灸院の症状改善率は93%以上です。これまでにも多くの方のお悩みを解決してきました。

ほかの病院では良くならなかった唾液過多症の方でも、施術とともに変化があらわれますので、ぜひ東洋はり灸院へご相談ください。

つらい唾液過多症を克服しましょう

加藤

唾液過多症は薬などの対症療法では改善することは難しいでしょう。病院にいき精神的なものだと決めつけられ、精神薬を処方されることもあります。もちろんこれも根本改善にはなりません。

唾液過多症は医学的な所見が認められない機能的疾患です。そのため低下した機能を高めれば症状はよくなります。

東洋はり灸院ではつらい症状を一緒に改善していきましょう。

唾液過多症の症状でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。