斜視の鍼灸施術について

斜視

斜視の症状でお悩みではありませんか?

  • 景色がぼやけて見える
  • ものや人が二重に見える
  • アイコンタクトが苦手である
  • 斜視を見られるのが嫌でじっと目をみて話せない

など、斜視は周囲の方が思っている以上に悩み、傷つく大変つらい疾病です。

また、斜視の症状を抱えて眼科を受診してもこれといった原因が見つからないうえ、手術を推奨してくるクリニックも少なくないようです。

しかし本当に手術でしか斜視は治らないのでしょうか?

あまり知られていませんが、東洋医学には斜視の症状に有効とされる施療方法がございます。

西洋医学が定着した近年において、最初から東洋医学の場を訪ねる方はそういませんが、実際に施術を受けてその効果の高さに驚かれる方はたいへん多くいらっしゃいます。

そこで今回は、この斜視についてお話していきます。

斜視の症状

目

斜視は左右の眼球が違う方向を向いてしまう症状のことを言います。

症状には種類があり、

  • 内斜視
  • 外斜視
  • 上斜視
  • 下斜視
  • 回線斜視

などがあります。

斜視に悩む方は20~40代が中心ですが、先天的な斜視を含めると幅広い年齢層の方が悩まされているようです。

また、斜視は女性に多いといわれています。

日常生活への影響

斜視は日常生活にも影響が出る場合があります。

斜視を脳が認知している場合は、視覚に入る景色やものが二重に見えたり、ぼやけたりします。

また、自覚症状がない場合でも無意識に視点を調整してしまい、

  • 眼精疲労
  • 肩こり
  • 頭痛

に繋がることがあります。

症状には個人差がありますが、子どもの斜視の場合、目の成長期である8歳位までには治すべきといわれています。

斜視の主な原因

眼球

人間の眼球は6つの筋肉群で構成されます。

  • 上斜筋
  • 下斜筋
  • 上直筋
  • 下直筋
  • 内直筋
  • 外直筋

ところが何らかの原因で6つの筋肉バランスが崩れてしまうと斜視の症状があらわれます。

ですが実際のところ、現代医学において斜視は原因不明の疾病です。

厳密にいうと斜視を起こしている原因は分かっているものの、その引き金になっている原因はいまだ解明されていないのです。

ところが、東洋医学における斜視の見解は西洋医学とは異なります。斜視はドライアイなどと同じ「目の疾患」だと捉える東洋医学では、原因は体の不調にあると考えています。

そのため五臓六腑の教えに従い適切な施術をおこなうことで、斜視の症状は着実に良くなるとされているのです。

なぜ斜視に東洋医学が有効なのか?

東洋医学

東洋医学は4000年の歴史を誇る伝統医療です。長い年月を経て積み上げてきた経験医学の中には、当然斜視の症例も多く含みます。

つまり東洋医学には斜視の症状を改善するための方法が、すでに確立されているのです。

だからこそ手術という「最終手段」に踏み切る前に鍼灸を試してもらいたいのです。

手術のリスク

手術

斜視の治療で手術を受けた場合、術後に相当なリハビリが必要といいます。

また、生まれてから数年来使用してきた眼球周辺の筋肉を切り合わせるため手術です。

うまくいっても全体のバランスが徐々に崩れて、数年後に斜視が再発したり、慢性的な眼疲労に陥るケースもあります。

東洋医学による鍼灸

一方、東洋医学はからだを傷つけない保存療法の医学です。からだの不調を総合的に改善させることで斜視の症状を和らげていきます。

そのため斜視のほかに抱えている

  • 頭痛や腰痛
  • 鼻炎や花粉症などのアレルギー症状
  • アトピーや吹き出物などの皮膚症状
  • 生理痛や生理不順
  • 末端冷え性
  • 慢性的なせきや扁桃炎

これらの症状も同時に緩和されていくのです。

東洋はり灸院の鍼灸を奨める3つの理由

続けて、当院の鍼灸施術についてお話いたします。

1.初めてでも不安なく施術を受けられます

カウンセリング

東洋はり灸院は全員が国家資格をもったプロの鍼灸師です。斜視に限らず「現代医学では治すのが難しい」といわれる症状を数多く改善してきました。

また、斜視の施術は目の周辺や顔面に鍼灸を施すわけではありませんので、ご安心ください。

灸は熱さを感じづらい“こだわり”のもぐさを使用し、鍼(はり)は痛くない最も細いタイプを使用しています。東洋はり灸院は鍼灸が初めての方でも不安なく安心して施術を受けていただけます。

2.的確なアプローチで効果を実感

お灸

斜視の施術では主に肝の機能を高めるため、

  • 百会
  • 目窓
  • 門池
  • 合谷

といったツボに鍼灸を施します。

また、胆機能を高める

  • 頷厭
  • 懸顱
  • 懸釐

といった箇所にも灸を施す場合もあります。

3.斜視なら東洋医学に特化した鍼灸を!

鍼灸

斜視の症状で鍼灸を受ける場合は、東洋医学に特化した鍼灸院を選んでください。

それは通常の鍼灸院で斜視の施術をおこなっていない場合、十分な効果が期待できないからです。

東洋はり灸院は東洋医学の理念に沿った鍼灸をします。業界でも最高レベルの技術といわれる「経絡治療」で、斜視の症状の改善を目指します。

何回くらいでよくなるの?

疑問

東洋はり灸院は、からだ全体に働きかける鍼灸をおこないます。そのため効果を実感しやすく、週1回のペースで施術を受けた場合、早い方で4~5回ほどで効果を実感できるでしょう。

4か月以上施術を続けると、より症状が大きく改善されていきます。

もちろん効果には個人差がございますので、目安として考えていただければと思います。

手術を受ける前に東洋はり鍼灸院へ

東洋はり灸院

病院は西洋医学の場ですので、東洋医学の鍼灸を推奨することはありません。そのため、鍼灸施療の道を選ぶのは患者さま自身となります。

実際、東洋はり灸院で斜視の施術をおこない、納得できるレベルまで改善した方は数多くいらっしゃいます。

今まで斜視に悩んでいた方も、手術を受けようか迷っている方もまだ間に合います。ぜひ一度、東洋はり灸院へお越しください。

スタッフ一同、あなたの味方となり一緒に症状を改善していきます。一人で悩まずご相談ください。