ゴルフ肘について

ゴルフ肘

ゴルフ肘をご存知でしょうか?

無理なスイング、過度な動作が原因で肘に炎症が起きてしまう症状、これがいわゆる「ゴルフ肘」と呼ばれるものです。

ゴルフ肘は整形外科にて治療をおこないますが、その中でも

  • 湿布をしていても一向に症状がよくならない
  • レントゲン・MRI等の検査で異常がなかった
  • 動作時より静止時に痛みが増してくる

こういった方は東洋医学の鍼灸施術で大幅な改善が見込まれます。

それは一体、どういうことなのか?

本記事ではその理由について東洋医学、そして鍼灸の話を交えて詳しく解説しています。

東洋医学専門の鍼灸師が伝えるゴルフ肘の「正しい対処法」、ぜひご覧ください。

ゴルフ肘について

ゴルフ肘

ゴルフのスイング動作などから肘に炎症が起きた状態を「ゴルフ肘」と呼びます。テニス肘と並ぶほどポピュラーなスポーツ障害であるゴルフ肘。現代医学上での正式名称は「内側上顆炎(ないそくじょうかえん)」となります。

肘の内側にあたる内側上顆には、肘を捻ったり、手首を曲げるための筋肉が繋がっています。通常ゴルフのスイング時、手首はさほど動きませんが、無理なスイングを繰り返すことで内側上顆に炎症が起こり、ゴルフ肘となります。

痛みは炎症の度合いに比例し、肘の内側を押すと痛んだり、手を握る動作で痛みがでたりすることが特徴です。

西洋医学での処置

施術ベッド

ゴルフ肘の場合、整形外科では次のような処置がなされます。

  • 湿布
  • 消炎鎮痛剤
  • 電気治療

このほか、激しい痛みがある場合はステロイド注射を打つこともあるようです。

初期段階での処置が重要なゴルフ肘ですが、一連の治療をおこなっても症状が改善されないケースは意外と多くあります。

東洋医学の捉え方

東洋医学

聞きなれない言葉かも知れませんが、東洋医学には不通即痛(ふつうそくつう)という考えがあります。

人体には生命の源となる「気・血・水」が循環しており、これらの巡りが滞った箇所に痛みがでるという考え方です。

ゴルフ肘でお悩みの方の中でも病院へ通っても変化がない方は、肘に炎症が起きているのではなく、患部を中心に気血の巡りが滞っている可能性が大いにあります。

静止状態で痛みが増す場合も、炎症よりも気血の循環不良が疑われます。こういった場合、薬や湿布といった対症療法よりも原因療法が有効となります。

鍼灸施術について

石丸昌志

  • 鍼灸
  • 漢方薬
  • 食事療法(薬膳)
  • 運動療法

といった東洋医学の中でも、気血の巡りにアプローチするのが鍼灸です。

人体には気血の通り路である「経絡」が20か所、また多くの経穴(ツボ)が点在し、その数は約700個と言われています。この経絡や経穴に鍼(はり)やお灸を施す鍼灸は、不通即痛にとても有効です。

ゴルフ肘の場合は内側上顆(外側上顆)という解剖学的な考えをベースに、患部に流れる経絡や経穴に鍼灸を施します。

病院へ通っても変化がない場合でも、鍼灸なら驚くほどの効果を実感できるケースも多々あるのです。

東洋はり灸院の鍼灸 3つの特徴

ここからは東洋はり鍼灸院にておこなう鍼灸施術について、3点ほどご紹介します。

1.古来から伝わる伝統的な鍼灸

経絡

東洋医学には4000年以上の歴史があり、先人から引き継ぐ知恵と経験に基づく確かな技術が存在します。

痛みの原因を推測ではなく、多くの症例から導き出すことにより効率よく症状は改善させることが東洋医学の強みです。

鍼灸院は数多くありますが、症状の早期改善、根本改善を望まれる方は東洋医学を専門に扱う鍼灸院を選択ください。

2.体を包括的にみてアプローチ

人体模型

東洋医学は病を根本解決するために、弱った臓器や器官を鍼灸施術にて強化します。

ゴルフ肘においては、気血の循環を促すために呼吸器系の経絡を中心に鍼灸を施します。

これにより次のような症状も同時に緩和されていきます。

  • アレルギー性鼻炎
  • 副鼻腔炎・蓄膿症・後鼻漏
  • 風邪の症状
  • 肺の症状
  • 喘息体質
  • 気管支の症状
  • 大腸の症状
  • 便秘・便秘・下痢の症状
  • 過敏性腸症候群
  • 乾燥肌・アトピーなどの皮膚症状
  • 眠りが浅い
  • 末端冷え性

これらの諸症状は、五臓六腑の中でも呼吸器系の器官で起きるトラブルです。

根本原因からアプローチする東洋医学なら、付随するほかの症状にもとても有効です。

3.鍼灸施術の有効性

はり施術

症状の度合いや年齢にもよりますが、1~3回程度の施術で変化を感じたり、8回以上(2か月以上)の通院で大きな変化を実感される方が多いようです。

ただし肘の痛みがある以上、スイング動作は控えて安静にしていることが条件となります。

鍼灸施術を受けると同時に、フォームの見直しや体調管理が痛みを再発させないための重要なポイントとなります。

※効果には個人差がございます。

痛みを根本改善して爽快なスイングを!

ゴルフ

東洋医学はからだのコンディションを整えることで、自己治癒力に働きかけることを大きな目的としています。

ゴルフ肘においても、併発している症状を丸ごとケアすることで、長くゴルフを楽しめる健康的な体質を作っていくことができるでしょう。

今現在、ゴルフ肘でお困りの方は東洋はり灸院にご相談ください。爽快なスイングできる元気なからだ作りを、国家資格を持つ鍼灸師がお手伝いさせていただきます。