野球肘について

野球肘

野球をする方で多いトラブルといえば野球肘です。

“手投げ”と呼ばれる初心者にありがちな投球フォーム、また過度な投球練習も肘に大きなダメージを与えます。

ボールを投げる際に肘が痛む、いわゆる「野球肘」は少年野球(リトルリーグ)の選手の約20%で発生しているといわれています。

野球肘は成長期に関わるもの、また大人の選手でもかかるものと様々な症状がありますが、総じて一度起こってしまうと直るまでは安静が絶対となります。

そこで本記事は、野球肘を一日でも早く改善させる方法として、東洋医学による鍼灸施術を紹介しています。

薬を用いらない鍼灸は、成長期の野球肘にももちろん有効です。ぜひ参考にしてみてください。

野球肘とは

野球

野球肘は無理な投球動作過度なピッチング練習が原因となり、肘に炎症が起きるスポーツ障害の一つです。また野球肘は、症状が異なる肘痛の総称でもあります。

代表的な野球肘の症状には次の二つがあります。

  1. 肘の外側が痛む「外側上顆炎(がいそくじょうかえん)」
  2. 肘の内側が痛む「内側上顆炎(ないそくじょうかえん)」

野球肘は安静にすることで痛みが緩和されるといわれる一方、重症化すると将来の選手生命に大きな影響をおよぼす可能性があります。そのため早期での原因究明と適切な処置が必要となります。

西洋医学は対症療法?

現代医学

西洋医学(現代医学)の治療は、

  • 消炎鎮痛剤
  • 痛み止め
  • 電気治療
  • ステロイド注射
  • 手術(重症の場合)

など、症状を抑えることを目的とした「対症療法」がおこなわれます。そのため痛みが再発したり、一向に改善がみられないケースも少なくありません。

また西洋医学は患部(内側上顆)に固執する傾向が強いため、からだ全体の状態を確認したり、バランスを考えるといったことがありません。

東洋医学は原因療法

カウンセリング

からだ全体を広く見るのが東洋医学の特徴です。それは、不調の原因が患部にあるとは限らないからです。

例えば野球肘でお悩みの方は、次のような症状をお持ちの方も多いです。

  • 鼻に関するトラブル
  • 風邪を引きやすい・咳がひどい
  • 喘息症状
  • 便秘
  • 末端が冷える
  • 手足に汗をかきやすい
  • 眠りが浅い
  • ドライアイ

一見すると何の関連性もないと思われるこれらの症状、実は五臓六腑(身体の臓器)の中でも同じ系統の器官が弱っていることをあらわしています。

そのため弱った臓器を適切な施術で助けることで、自己治癒力が高まり肘の痛みを含む諸々の症状が自然と緩和されていきます。

東洋医学の原因療法こそが、本当の意味での“治療”といえるのです。

気・血・水を整える鍼灸

東洋医学

人体には生命エネルギーを運ぶ「気・血・水」が循環しており、この流れが滞ることで痛みや痺れといった不調があらわれると、東洋医学では考えられています。

鍼灸は気血の巡りを促すために局所、また経絡(ツボの通り道)に鍼やお灸でアプローチする中国医学から生まれた施術法です。東洋医学の中でも即効性があります。

野球肘の鍼灸施術

野球肘に関しては外側上顆・内側上顆に流れている経絡を中心に鍼灸を施します。また併せて、からだの弱っている器官を強化するための鍼灸施術もおこないます。

  • 病院の治療で変化がみられない
  • 投球動作より静止時に痛みが強まるなど、肘の炎症以外が疑われる

これらの方は鍼灸施術で改善が期待できますので、あきらめずぜひ試してみてください。

東洋はり灸院の鍼灸施術

ここからは東洋医学専門の鍼灸院である「東洋はり灸院」の施術について、3点ほどご紹介します。

1.期待が高まる鍼灸施術

お灸

2018年にWHO(世界保健機関)が鍼灸や漢方を伝統医療として認定しています。

これは西洋医学(現代医学)一辺倒である現代医療においてとても大きな変化であり、鍼灸施術の有用性を世界が認めた確かな証拠となります。

鍼灸施術はいまや、アメリカイギリスドイツなどでも高頻度でおこなわれています。未病(病気にかかる前段階)のうちに対処する鍼灸は、西洋医学には決してない医療の概念です。

今後さらなる期待が高まる鍼灸施術を、ぜひあらたな治療の選択肢としてお選びください。

2.小児鍼もお任せください

金の鍼

東洋はり灸院は、多くの経験と知識が必要とされる「小児鍼」にも力を入れています。

小児鍼は大人の鍼灸施術とちがい針を肌に刺すことはなく、金の棒状の針で肌(経絡やツボ)を優しくなぞる程度の施術です。子どもは生命力にあふれていますので、なぞる程度の施術でも十分効果が期待できます。

病気は大人だけに起こるものではありません。小さなお子さまでも、お悩みの症状があればぜひお聞かせください。

3.効果を実感できる目安

カウンセリング

野球肘の施術の効果に関して、早い方で1~3回程の施術で症状に変化を感じていただけるようです。これはもちろん、ピッチングを控えて安静にしていることが前提となります。

野球肘のほかにも東洋はり灸院では数々の慢性症状を鍼灸施術にて改善してきており、その症状改善率は93.7%と高い数値を誇ります。

一般的な鍼灸院では体感できない高い効果をぜひ実感してください。

※効果・効能には個人差がございます。あくまでも一つの目安としてお考えください。

野球肘を早期改善して、快適なスポーツライフを!

野球

野球肘は骨や靭帯の破損など、あきらかに外科的な対処が必要なケースがあり、この場合は一度病院での治療を受けてください。

しかしそうでない慢性的な肘痛なら、鍼灸施術でからだに負担をかけることなく改善が図れます。

  • 肘の痛みでお困りの方
  • お子さまが野球肘を患っている方

は、ぜひ一度、東洋はり灸院にご相談ください。

一日でも早く最高のピッチングができるよう、最大限サポートいたします。