機能性ディスペプシアについて

機能性ディスペプシア
  • 胃が痛む
  • 胃もたれが続いている
  • みぞおち付近が痛む

こんな症状でお悩みではありませんか?

つらい胃腸症状が続くと食事も楽しくなくなり、気持ちまで滅入ってしまいますよね。

これらの症状、実は「機能性ディスペプシア」かも知れません。

機能性ディスペプシアはとても難しそう病名ですが、症状はいたってシンプル、痛みや不快感などの慢性的な胃腸症状です。

ここで厄介なのは、機能性ディスペプシアは「病院の治療ではなかなか改善しない」という点です。

ではそれは何故でしょうか?

本記事では、機能性ディスペプシアの疑問や改善法に関して、東洋医学の視点からお話ししています。

つらい機能性ディスペプシアを、早期改善するためにもぜひご覧になってください。

機能性ディスペプシアとは

男性

機能性ディスペプシアの症状は、20~40代の方(とくに男性)に多くみられます。

症状は次のとおりです。

  • 食後の胃もたれ
  • 早期飽満感(さほど食べてないのに満腹に感じてしまうこと)
  • みぞおちの痛み(心窩部痛)
  • みぞおちが焼けるように感じる(心窩部灼熱感)

機能性ディスペプシアは内視鏡検査でも異常(炎症など)が確認できない「機能的疾患」です。

よく似た症状として「慢性胃炎」や「神経性胃炎」などがありますが、これらの疾病とは全く別物として扱われます。

症状はあるものの、からだに異変がみられない機能性ディスペプシアは、現代医学において原因不明の疾病なのです。

機能性ディスペプシアの原因

胃腸の痛みや不快感を感じる機能性ディスペプシアは、その原因が明らかになっていない疾病の一つです。しかし、おもな要因としては次のものが挙げられます。

内臓機能の低下によるもの

内臓

人間の胃は食事の際、食べものを取り込むために緊張をほどき、膨らむようにできています。これを適応性弛緩と呼びます。

しかし、何らかの原因でこの適応性弛緩の働きが損なわれると、胃に十分な食べ物が蓄えられず、不快な症状となってあらわれます。

また、胃の機能が低下し、食事を胃から腸へ送るための“ぜん動”がスムーズに出来なくなると、胃もたれを引き起こします。

ほかにも、過食や刺激物の摂取(唐辛子など)により内臓の知覚過敏がおきると同様に症状があらわれます。

心因性によるもの

心

過労や睡眠不足などからだに負担をかけた場合、そして心配ごとやストレスなど、精神的につらい状況でもは胃腸症状があらわれます。

このほか、自律神経の乱れが要因となり機能性ディスペプシアになることもあります。

病院でよくならない理由

「胃腸科に通っているけれど、症状が一向におさまらない…」

こんな声をよく耳にします。

それもそのはず、現代医学(西洋医学)は機能性ディスペプシアなど慢性的な病気に対する治療が得意ではないからです。

そもそも西洋医学は、検査にて異常(変形、破損、炎症など)が確認できる「器質的疾患」にこそ力を発揮するといわれています。

機能性ディスペプシアのような「得体の知れない病態」に対しては、解決策を見い出せないことすらあるのです。

弱った胃腸をさらに痛めつける西洋医学の「内服薬」などは、可能な限り避けたいところです。

東洋医学による改善法

カウンセリング

東洋医学なら機能性ディスペプシアの症状を改善させることが可能です。

東洋医学は、経絡(ツボの通る道)や経穴(ツボ)など目に見えないものを4000年もの間、扱ってきた伝統の医学です。

だからこそ、機能性ディスペプシアのような一見、原因すら見つからないような疾患に対しても対処することができるのです。

機能性ディスペプシアの原因はからだの器官、おもに「脾」や「肺」の機能低下によるものです。

そのため次にような経穴(ツボ)に鍼灸を施していきます。

  • 中浣(ちゅうかん)
  • 天枢(てんすう)
  • 足千里(あしさんり)
  • 裏内庭(うらないてい)

適切な施術でからだの機能を高めていれば、症状は自然と緩和されていきます。

病院でお手上げの機能性ディスペプシアも、東洋医学なら驚くほど症状が改善されるのです。

東洋はり灸院の鍼灸にお任せください

ここからは、東洋はり鍼灸院での機能性ディスペプシアの鍼灸施術についてお話しします。

1.からだ全体の症状を包括的にみます

人体模型

患者さまの中には機能性ディスペプシアのほかにも

  • アトピーなどの皮膚症状
  • 朝の不調
  • 鬱傾向
  • 鼻炎や花粉症
  • 手足など末端の冷え

などを患っている方が多くいらっしゃいます。

人間のからだは全て繋がっています。これらの症状の原因も、機能性ディスペプシアの原因もすべてからだの機能低下によるものなのです。

東洋はり灸院では独自のカウンセリング技術(四診法)を用いて、からだ全体を総合的にみて適切な鍼灸施術をおこないます。機能性ディスペプシアの症状がおさまる頃には、併発していた症状も徐々に緩和されていくでしょう。

2.初めての鍼灸でも怖くない

鍼灸

「病院に通ったことはあるけれど、鍼灸院には行ったことがない…」

そんな方もご安心ください。

東洋はり灸院なら、鍼灸が初めての方でも不安なく施術を受けていただけます。

東洋はり灸院では痛く感じづらい極細の「銀の針」を使用しています。銀の針は使い捨てのため衛生的で、通常のステンレス製の針に比べて高い作用が期待できます。

また、お灸に関しても施術中に熱いと感じづらい「国産最高級品の灸」を使用しています。

もちろんこれらを扱う鍼灸師は、全員が国家資格をもったプロの鍼灸師です。

施術中も心地よすぎて、つい寝てしまう方もいらっしゃいますよ。

3.東洋はり灸院の改善率は93.7%!

経絡治療

東洋医学の鍼灸の中でも、最高峰と呼ばれる「経絡治療」をおこなう東洋はり灸院での症状改善率は93,7%です!

特に機能性ディスペプシアの改善には自信があり、実際に施術を受けて3~4回で効果を感じ始めた方もおられます。

ひとつの目安ですが、継続的な施術(4カ月以上)を受けた場合、体質改善が進むこともあり、とても大きな変化を感じてもらえるでしょう。

もちろん施術効果には個人差がございますので、一つの目安としてお考えください。

清々しい毎日を手に入れましょう!

男性

機能性ディスペプシアについてお話ししてきましたがいかがでしたか?

つらい胃腸症状が続けば、からだに必要な栄養を送ることが出来なくなり、病状はますます悪化します。だからこそ、少しでも早く東洋医学の鍼灸施術をお試しください。

あきらめていた症状も着実に改善し、清々しい毎日をまた手に入れることができます。

機能性ディスペプシアの症状でお悩みの方はぜひ、東洋はり灸院にご相談ください。

国家資格を持つスタッフが全力でサポートさせていただきます!