顔面神経麻痺について

顔面神経麻痺

「顔の半分が上手く動かない」

「飲食をする際にこぼしてしまう」

「まぶたをしっかり閉じられず、目が乾いてしまう」

そんな顔面神経麻痺の症状にお悩みではないでしょうか?

日常生活に支障が出る上に、外見上の変化が起きてしまう症状なので、悩みも深くなりがちです。人目が気になってしまい、外出を避けがちになってしまうケースも少なくありません。

顔面神経麻痺の約6割が原因不明のため、西洋医学では対症療法しか方法がないケースも多数。場合によっては、薬の服用やリハビリテーションなどをしても、改善しないこともあります。

ですがご安心ください。鍼灸をはじめとする東洋医学は、中国では4000年の歴史、日本国内だけでも1400年の歴史があり、顔面神経麻痺の改善実績が多数あります。

本記事では顔面神経麻痺の原因や鍼灸による対症法、効果などを詳しくご紹介します。

顔面神経麻痺の症状

女性

顔面神経麻痺の主な症状は以下の通りです。

  • 顔の片方全体や一部分が動かなくなる
  • 顔が曲がった状態になる
  • 目を閉じられないことによる目の乾き。
  • 口を動かす筋肉が上手く働かないことによるよだれの増加
  • 飲食のしづらさ
  • 涙や唾液の減少
  • 聴覚過敏
  • 味覚障害

原因によっては、耳や後頭部の痛みや帯状疱疹、脳神経症状などの症状が現れる場合もあります。

どの症状も日常生活に深刻な影響を及ぼしますし、場合によっては、

  • 表情筋が充分に動かない
  • 口を動かすと目が一緒に閉じてしまう

といった後遺症が残ってしまうケースもあります。

また、外見の変化によるストレスも大きく、苦痛の多い症状といえます。

顔面神経麻痺の原因

経絡図

西洋医学が考える原因

顔面神経麻痺にはケガやヘルぺスウイルス、脳腫瘍によるものなど原因のはっきりしているものと、原因不明で突然発症するベル麻痺の2種類があると考えられています。

ベル麻痺は年齢や性別に関係なく発生しますが、特に40代に多いといわれています。西洋医学では、アレルギーやストレス、ウイルス感染などと関連する可能性があると考えられていますが、原因の特定にはいたっていません。

東洋医学が考える原因

一方、東洋医学では、

  • 体力や免疫力の低下
  • 体全体の凝り
  • 冷え性

などが根本的な原因と考えられています。顔の神経といった部分的な不調ではなく、体全体の機能の問題としてとらえているのです。

西洋医学と東洋医学の違いとは

疑問

西洋医学による治療

西洋医学では顔面神経麻痺の6割が原因不明のため、対症療法を中心に行っていきます。ステロイド剤や抗ウイルス薬、ビタミン剤などの薬の投与やリハビリテーションを行い、完治しない場合には顔面神経減荷術という外科手術を行います。

ですが、対症療法では根本的な原因を解決できないため、完治しないケースも少なくはありません。

東洋医学による治療

実は東洋医学では、古くから顔面神経麻痺の改善方法は確立されています。2000年以上前の中国の医学書「黄帝内経(こうていだいけい)」にも、すでに症状と改善方法が記されているのです。

顔面神経麻痺の原因は顔面ではなく、体全体の機能の低下にあると考えます。しっかり体全体を見たうえで、鍼灸施術を行い、体質の改善を目指します。内臓などの機能を高めることにより、顔面神経麻痺の症状を少しずつ緩和していくのです。

顔面神経麻痺のような西洋医学では原因が不明で治療法が定まっていない症状の改善には、東洋医学によるアプローチが有効なケースが多いです。

顔面麻痺の鍼灸について

それでは実際にどのような流れで施術を行っていくのか。こちらで解説致します。

1.カウンセリングで根本原因を探る

カウンセリング

まずは、四診と呼ばれる東洋医学の伝統的な手法で、全身の状態をしっかりと把握します。

四診とは、

  1. 目で見てチェックする「望診」
  2. 聴覚・嗅覚を通じてチェックする「聞診」
  3. 問いかけと応答でカウンセリングする「問診」
  4. 脈や腹の様子をチェックする「切診」

からなります。

2.体の機能を高める鍼灸

鍼灸

先ほどの四診法で真の原因、そして顔面神経麻痺以外の症状も見ていきます。

真の原因

顔面神経麻痺の原因は、

  • 体力や免疫力の低下
  • 体全体の凝り
  • 冷え性

などが原因です。

その他の症状
  • 生理不順
  • 季節の変わり目の咳
  • 腱鞘炎
  • 肌荒れ
  • 花粉症
  • 糖尿病

など他の不調を抱えているケースがほとんどです。

そこで東洋はり灸院では、それらの症状にアプローチできるツボを刺激し、体の機能を高めて根本から解決していきます。

顔面神経麻痺は顔にその症状が出るものですが、原因はあくまでも体の内側。顔に鍼を刺したり、電気を流したり、マッサージしたりしても改善しないケースが多いのです。

国家資格を持つ鍼灸師による施術

鍼灸師

顔面神経麻痺の施術には、豊富な知識と高い技術が必要となります。そのため、鍼灸院選びは非常に重要です。

東洋はり灸院では、国家資格を持つプロの鍼灸師が施術を担当。また、はりやもぐさなど使用する道具も体に優しく効果の高いものを厳選して使用しています。

大学病院で「完治は不可」と判断されたお客様を改善に導くなど、実績も充分ございます。東洋医学での鍼灸を希望される際は、ぜひご検討ください。

顔面神経麻痺についての対談動画

顔面神経麻痺について解説した動画もございますので、ぜひご覧ください。

町田本院 石丸院長との対談

顔面神経麻痺を改善された方との対談

顔面神経麻痺を改善して、笑顔を取り戻そう

笑顔

顔面神経麻痺が改善すると、自然な表情が戻り、目の乾燥などの不快な症状から解放されます。また、東洋はり灸院では体全体の機能を改善するので、全身の不調を緩和することが可能です。

「自然な表情が戻った」

「体全体の調子が良くなった」

そんなお客様からの喜びの声が多数寄せられています。

なかには、2回目の施術から変化を感じ、スピーディーに改善した方もいらっしゃいますよ。

今現在、顔面神経麻痺の症状でお悩みの方は、ぜひ東洋はり灸院へご相談ください。