小児脱毛症の小児鍼について

「脱毛の症状で子どもがとても落ち込んでいる」

「脱毛症になる原因はわからないと言われてしまった」

「治療法が見つからずに困っている…」

小児脱毛症のお子さまを持つ親御さんの多くは、こういった悩みを抱えています。自分の身体ならまだしも、大事な子どもだからこそ一日でも早く何とかしてあげたい。そう願う親御さんも多いと思います。

そこで本記事では、小児脱毛症の対症法として東洋医学による小児鍼を紹介しています。

東洋医学に長年従事してきた鍼灸師の視点から、分かりやすく解説していますのでぜひ参考にしてみてください。

小児脱毛症とは

小児脱毛症は精神的なストレスなどが引き金となり、髪の毛が抜けてしまう子どもの脱毛症状です。

精神的にもまだまだ弱い小さな子どもにとって、小児脱毛症はとてもつらいものでしょう。

脱毛になる要因はストレス以外にも、自身の免疫力が異常をきたす「自己免疫疾患」などのケースもあります。

小児脱毛症の症状

小児脱毛症は次のような5つのタイプがみられます。

小児脱毛症のタイプ
① 円形、部分的に脱毛する単発型
② 部分的かつ、広範にわたり髪の毛が抜ける多発型
③ 複数の脱毛箇所が繋がり一か所の大きな脱毛となる多発融合型
④ 脱毛が頭全体に広がる全頭脱毛型
⑤ 脱毛が進行し眉毛やまつ毛まで抜けてしまう凡発型

ですが、小児脱毛症は現代医学において、原因が解明されていない疾患の一つです。

発生要因は諸々挙げられますが決定的なものではなく、治療は症状を悪化させないための対症療法がメインとなります。

東洋医学の小児鍼について

ここからは、小児脱毛症について東洋医学の考え方と対症法をご紹介します。

東洋医学の考え方

東洋医学は日本国内においても1400年以上の歴史があります。長い歴史の中には小児脱毛症の症例も多くあり、改善に至るまでの施術法も確立されています。

東洋医学はからだ本来が持つ自然治癒の力を引き出すために

  • お灸
  • 食事療法(薬膳)
  • 漢方薬

などを用いる保存療法の医学です。

実は、小児脱毛症は症状が頭部にあらわれているだけです。

頭部脱毛症にお悩みのお子さまは、一定の共通する体質をお持ちです。そのため東洋医学にて適切な施術のもと、体質改善が進めば症状は自然と緩和されていきます。

安心の小児鍼

刺さない金の鍼

小児鍼は子供専用の鍼(はり)で、からだを撫でるだけの無痛施術です。そのためお子さまが痛みで泣き出したり、大事なからだを傷つける心配はございません。

一般的な鍼治療といえば、鍼で経穴(ツボ)などに適度な刺激を与える施術を指しますが、小児鍼はこれと大きく異なるのです。

そして、この小児鍼は非常に難解な技術と経験を必要とします。免許を取りたての鍼灸師にはとても任せることはできません。東洋はり灸院でなくとも、鍼灸院をお探しの際はこの「小児鍼」ができ、実績のあるところを選んでいただければ間違いはないと考えているほどです。

東洋医学の小児鍼は、お子さまが持つ自然の力を最大限引き出すことを目的としています。もともと生命力にあふれた子どものからだです。その効果は一層期待できるでしょう。

東洋はり灸院にお任せください

ここからは東洋はり灸院の鍼灸施術について3点ほど紹介いたします。

1.小児鍼を受けられる希少な鍼灸院

鍼灸院は数あれど、高度な技術が必要とされる小児鍼をおこなう鍼灸院はそう多くありません。

また民間資格者が施術するところもある中、東洋はり灸院の鍼灸師は全員が国家資格者です。病気や慢性疾患は、赤ん坊からお年寄りまで幅広くみられます。

小児脱毛症のほかにも、お子さまが悩まれている症状があればぜひご相談ください。

2.東洋医学にはリスクがない

病院で処方される薬は石油の副産物から作られているのをご存知でしょうか。

西洋薬はその強力な効き目ばかりが注目されますが、新薬含めてほとんどが人工的に作られた薬ばかりです。長期間の服薬は肝臓を痛めつけるほか、副作用のリスクも高まります。

一方、東洋医学にも漢方薬は存在しますが、これは木の皮草の根などから作られる自然由来の薬です。

未来あるお子さまの身体の為、可能なかぎり東洋医学での施療を推奨いたします。

3.体質改善に最適

  • 病院や接骨院、整体、マッサージに通っても効果が見られない方
  • つらい症状があるのに検査をしても「異常がない」と言われてしまった方

このような方が鍼灸施術を受けると驚くほど症状が改善することがあります。これは東洋医学がもともと体質改善を得意とする医学だからです。

東洋はり灸院は鍼灸施術のほか、漢方や食養理論といった知識を交えながらお子様、そしてご家族の健康づくりをトータルでサポートいたします。

小児脱毛症は早期改善がカギ

小児脱毛症になるきっかけは様々ありますが、大事なことは早い段階でお子さまの体質にあった治療を施すことです。

「早期発見・早期治療」

これはとても大事なことです。

脱毛症状を食い止めるため、現在では小児科での治療のほか、脱毛症の専門外来などもあります。これらの治療で改善がみられない、またはもっと根本的な治療を望まれる方は、ぜひ東洋はり灸院にご相談ください。

お子さまの元気な笑顔を取り戻すため、また早期改善のため全力でサポートさせていただきます。