お客様の声label耳管開放症

耳の症状を忘れてしまうほど良くなりました

東京都多摩市にお住まいのY・A様(女性/30代) chat

※施術効果には個人差があります

昔から耳の異常があり、ストレスや疲れがたまると耳が反響したり、鼓膜がぷくっと膨れたりする症状に悩まされていました。

耳鼻科を受診したところ「耳の中に水が溜まってる」と言われ、水を抜く吸引をしたり、お薬を出してもらいました。薬局に薬をもらいにいった際、薬剤師さんに症状を聞かれ伝えたところ、「耳管開放症ではないか?」と言われました。その薬剤師さんも経験があったようです。

ネットなどで詳しく調べると、自分の症状と一致していました。しかし薬を飲んでもほとんど変わらず…。仕事で疲れやストレスが溜まると症状が出て、両耳が聞こえなくなっていました。そこで、知人の紹介でこちらの院に伺うこととなりました。

東洋医学を受けたことがなかったので、正直はじめは半信半疑で、鍼も怖いなと思ってました。1~2回通ったところあまり変化がなかったのですが、3~4回目くらいから少しずつ変化を感じられるようになりました。耳がおかしくなる頻度が減っていたのです。

その後、少し通うのをサボっていたのですが、また耳の症状を感じることが多くなったため、再度通いはじめました。最近では、耳の症状があったことを忘れてしまうまで良くなってきました。

今のところ、その他の症状も軽減しており、先生にはとても感謝しております。

※施術効果には個人差があります。

耳管開放症が2~3回でよくなりました

横浜市にお住まいの森山様(男性/30歳) chat

写真

私が東洋はり灸院に施術をしてもらったきっかけは耳管開放症でした。

役者を生業としており、芝居に歌や踊りなど様々な活動をしているなかで急に右耳に違和感が…。他人や自分の声がまるで水の中にいるような音が聞こえたかと思えば自分の声がものすごく響いて聞こえたり、ひどいときには右耳から自分の声が二重に聞こえるときもありました。

病院で治療を施し、一時的に良くなってもしばらくするともとに戻ってしまう。「こんな状態で役者を続けていくのか」と不安でいっぱいでした。

しかし、とある病院の先生に診てもらった時にこんなことを言われました。「耳管開放症は心の問題が大きい」病気の理解や捉え方、そして漢方も有効であることなど。

そこから自然と鍼灸も耳管開放症に効果があるのではと思い、調べてたどり着いたのが東洋はり灸院でした。

元々、腰痛持ちで鍼灸で腰痛を改善していたので抵抗なく施術を受けた結果、なんと2~3回で改善しました!嘘みたいですが、本当のことです。

ですが、誤解を招かないためにあえて書きますが、完治したわけではありません。病気との付き合い方や捉え方を自分自身が理解し、心と身体は繋がっていることを感じる。そして、その手助けをしてくださるのが鍼灸師の方々だと私は思います。

担当してくださった中澤先生、ありがとうございました。

※施術効果には個人差があります。