胸郭出口症候群でお悩みの方へ

  • 「肩や腕が痺れる」
  • 「腕が刺すように痛む」
  • 「手先がうまくつかえない」

胸郭出口症候群に悩む方の多くは、こういった症状をお持ちです。

日常的にこのような症状がでてしまうと生活が不便になるばかりか、趣味やスポーツも楽しめなくなってしまいます。

また、こんな声も耳にします。

  • 「薬の量ばかりが増えて症状が一向によくならない。」
  • 「このままいくと手術する必要があるといわれた。」

そんな胸郭出口症候群でお悩みの方にご提案したいのが、東洋医学専門の鍼灸です。

本記事は胸郭出口症候群の鍼灸施術について東洋医学の視点からお話ししています。整形外科の治療で思うように症状が改善しない方は、ぜひご覧ください。

胸郭出口症候群とは

腕の神経や血管は、首と胸の間にある「胸郭出口」と呼ばれる箇所を通過し腕の先へ走っています。

胸郭出口は健康な場合でもいくつか狭い空間がありますが、ここが何らかの原因でより狭まると神経や動脈が圧迫されて痛みや痺れがあらわれます。

胸郭出口症候群は、なで肩体型の女性や、筋力トレーニングをおこなう男性に多くみられる症状です。

主な症状

症状は主に首や肩、また腕にあらわれ、チクチクと痺れたり、刺すような痛みが特徴です。

また血管が圧迫されている場合は、血液の循環不良から皮膚の色が変色したり、冷えなどの感覚障害もあらわれます。

初期症状として肩こりを自覚する方もいますが、症状が進行すると握力が低下したり、指先にまで影響が及びます。

病院の検査では原因がつかめない

胸郭出口症候群の検査は

  • MRI
  • レントゲン
  • CT

などが一般的におこなわれます。ところが、こういった検査に関して整形外科学会は

「80%の患者さんの検査結果と自覚症状が一致しない」と発表しています。

これには2つ理由があります

1.静止画像では判断できない

レントゲンやCTで確認できるのは、あくまで静止状態でのからだの様子です。

しかし人間のからだの器官は眠っている時でさえ働いています。そのため病状を判断するには、姿勢の変化や患部以外にも目を向ける必要があります。

整形外科での検査で得られる情報がすべてではないのです。

2.原因がほかにある

「痛みや痺れがあるのに、検査で異常がみつからない」

こういった場合、原因はほかにあると疑うべきでしょう。

現代科学において、人のからだは20%ほどしか解明されておらず、残りは未知の領域です。そのため現代医学には原因不明の病気が数多くあり、とくに「○○症候群」と名の付く症状は原因が特定されていない場合に用いられます。

治療を続けても症状が改善しない方もまた、ほかに原因があるかも知れません。

東洋医学の捉え方

東洋医学では、胸郭出口症候群の原因は「不通則痛(ふつうそくつう)」であると捉えています。

人体には、

  • 生命活動を営むエネルギーである「気」
  • からだに栄養を運ぶ「血」

が通っており、これらの巡りが悪くなると痛みや痺れといった不調があらわれます。

「気・血」の巡りを改善する方法として東洋医学は次のように対処します。

  • 鍼(はり)
  • お灸
  • 食事療法(薬膳)
  • 漢方薬

東洋医学には、現代医学のように病名に基づき治療を進めるという概念がありません。

症状や体質から最適な施術をおこなう東洋医学なら、病態がはっきりしない胸郭出口症候群も的確になおしていくことが可能なのです。

鍼灸が有効な理由

東洋医学の中でも適用範囲が広く、即効性が期待できるのが鍼灸です。

人体には「気・血」が通う20本の経絡(けいらく)と多くの「経穴(つぼ)」が存在します。

これらにお灸や鍼(はり)で適度な刺激を与えることで、免疫力や自然治癒力を引き上げるのが鍼灸です。からだ本来の力を使い症状を回復させる鍼灸には、副作用や合併症などのリスクもありません。

病院での検査で決定的な異常がない場合、東洋医学専門の鍼灸を受けることをつよく推奨いたします。

東洋はり灸院 3つの特徴

ここからは東洋はり灸院の鍼灸施術について3つのポイントに分けてお話しします。

1.東洋医学一筋の鍼灸院

心身の癒しがブームとなり、リフレクソロジーサロンや鍼灸院が続々と増えています。それらの中には体感的な気持ちよさを優先した施術や、症状を一時的におさえるだけの施術も少なくありません。

その点、東洋はり灸院は東洋医学一筋であり、症状の根本改善を最大の目的としています。

本気で胸郭出口症候群を改善したいとお考えなら、ぜひ東洋医学専門の鍼灸院をお選びください。

2.総合的なケアができる

あらゆる不調を正すことでからだのコンディションを整えるのが東洋医学です。

胸郭出口症候群の方が抱える、次のような症状も同時に緩和させることが可能です。

  • 鼻炎
  • 頭痛
  • 花粉症
  • 便秘、下痢
  • 冷え性

東洋医学専門の鍼灸院なら、総合病院のようにいろいろな科をたらい回しにされることはありません。

気になる症状や体質などございましたら、担当までご相談ください。

3.高度な鍼灸技術

鍼灸院はすべて同じではありません。

東洋はり灸院は鍼灸の中でも、高度な技術を誇る「経絡治療」をおこなう鍼灸院です。

経絡治療はその習得が難しいことから、全国でわずか2%の施術院でしか受けることができません。

もちろん施術をおこなう鍼灸師は全員が有資格者です。

一般的な鍼灸院では受けられない、本物の鍼灸と高い効果を実感ください。

手術の前にご相談ください!

今回お話ししたとおり首や腕、また肩に症状が出る原因の80%はからだの中にあります。そのため整形外科での手術でこれを取り除くことはできません。

東洋医学は日本国内においても1400年の歴史を誇る伝統の医療です。長い歴史の中には多くの症例があり、胸郭出口症候群もまたこれに含まれます。

いま現在、胸郭出口症候群にお悩みの方は手術の前に東洋はり灸院に一度ご相談ください。

きっと悩んでいた症状が日に日に改善し、健康なからだを手に入れることができますよ。