腰椎椎間板ヘルニアについて

わたしたちが暮らしの中でよく聞く腰の症状に「腰椎椎間板ヘルニア」があります。

この腰椎椎間板ヘルニアに悩む方からはこんな声を耳にします。

  • 「ヘルニア持ちなのであまり無理できないんです…」
  • 「持病のヘルニアがまた再発してしまった」

ところで、慢性的な腰の症状に悩む方の8割は「真のヘルニア持ち」でないということをご存知でしょうか。

それは一体どういうことなのか?また、どうすればこういった腰の症状が改善されるのか?

本記事は、多くの方が悩むヘルニアの「真実」について東洋医学の視点からお話ししています。

腰椎椎間板ヘルニアに対する考え方が変わるかも知れません。ぜひ最後までご覧になってみてください。

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアは腰部やお尻、下肢に痺れや痛みがでる症状を指します。

症状はおもに20代~40代の方、とくに男性に多くみられます。

また腰の症状以外にも、足に力が入らない、排尿障害といった症状がでることがあります。

一般的な治療法

整形外科ではおもに、MRIやレントゲンでの検査をおこなった後、

  • 投薬治療
  • ブロック注射
  • 装具療法(コルセット)
  • リハビリテーション

などの治療を進めますが、症状が重度の場合は手術がとなります。

手術に関しても、失敗するリスク、成功しても症状が治まらないケースがあることは頭にいれておいた方が良いでしょう。

椎間板ヘルニアは整形外科の業界ではポピュラーな症状のため、治療法もある程度確立されていますが、これらはあくまで症状を悪化させないための対症療法となります。

発生のメカニズム

人の背骨は頚椎、胸椎、腰椎に分けられ、これらの骨の間に椎間板というクッションの役割を担う器官が存在します。

通常、椎間板が飛び出すことはありませんが、何らかの原因で骨が変形したり圧迫されると、椎間板が飛び出します。

これにより椎間板が周囲の神経に接触し、痛みがでるのが椎間板ヘルニアのメカニズムです

椎間板ヘルニアになる要因

症状の出る要因として挙げられるのが「加齢」によるものです。

他にも次のような方は症状が出やすいといわれています。

  • 重たいものを日常的に持ち上げる方
  • 中腰で作業、仕事をする方
  • 激しいスポーツをする方

またストレスなど精神的な要因、不安やうつ等、社会的な側面が関係しているともいわれています。

椎間板ヘルニアの真実

ここからはあまり知られていないヘルニアの真実について解説します。

80%は真のヘルニア持ちではない

整形外科学会は、8割の患者さんの「検査画像と自覚症状が一致しない」と発表しています。

わかりやすく説明すると次のようなケースです。

  • 「検査では異常があったのに、患者に自覚症状がまったくない」
  • 「ひどい痛みを訴えているのに、検査では異常一つ見つからない」

つまり医学的な所見(検査結果)と症状は必ずしも一致しないため、大半の患者さんは他にに原因があるかも知れないといった解釈になります。

腰椎椎間板ヘルニアの症状で悩む方の8割は、現在の治療方法が最適かどうか、見直す必要があるでしょう。

本当の原因とは

腰椎椎間板ヘルニアと疑われる症状の原因は、からだの機能低下によるものです。腰部やその周辺の構造的な問題ではありません。

これを東洋医学の世界では「不通則痛(ふつうそくつう)」と呼びます。

人のからだには60%の割合を占める水のほか、「気・血」が通っておりこれらが循環不良を起こすことにより痛みや痺れといった不調が生じます。東洋医学には4000年の歴史があり、その多くの症例がこれを裏付けています。

腰の症状を根本から直すには、からだの機能を正常化し「気・血」の巡りを改善することが何より重要になります。

東洋はり灸院の鍼灸 3つの特徴

ここからは東洋はり灸院における、鍼灸施術の特徴について3点ほど紹介いたします。

1.四診法による原因診断

痛みや痺れの大元を見定めるためには、あらゆる角度から病態をみる必要があります。

ここで用いられるのが「四診法」です。

四診法(ししんほう)
  1. 望診 = 視覚を通して病態を確認する
  2. 聞診 = 聴覚・嗅覚を通じて病態を確認する
  3. 問診 = 問いかけと応答により病態を確認する
  4. 切診 = 脈・腹に触れて病態を把握する方法

東洋医学に準拠した東洋はり灸院なら、症状の本当の原因をみつけて、体質に合わせた鍼灸施術を受けることができます。

2.鍼灸には副作用がない

東洋医学はからだを労わる「保存療法のスペシャリスト」です。

ご存知のとおり西洋医学の薬には副作用があり、依存性が高い薬も多く存在します。その点、からだ本来が持つ自然治癒力に働きかける鍼灸にはリスクはほとんどありません。

治療に同じ期間をかけるのであれば、症状の根本解決を目指す鍼灸をお選びください。

3.開業当初から東洋医学一筋

近年、続々と整骨院や鍼灸院が増えていますが、その中でも東洋はりきゅう院は「東洋医学一筋」で鍼灸をおこなっております。そのためマッサージや整体を組み合わせた一時的な「気持ちよさ」を提供するよりも、症状の根本解決を目指して施術をしています。

東洋はり灸院の鍼灸はマイナーながらも、その症状改善率は93・7%を誇ります。

長い歴史が積み重ねてきた、伝統の鍼灸施術をぜひ体感してみてください。

手術を受ける前に東洋医学の鍼灸を!

腰椎椎間板ヘルニアでお悩みの方の大半は、原因が特定できないまま治療が進められています。これでは到底解決に至りません。

腰の症状を本気で直したいとお考えなら、ぜひ手術の前に東洋はり灸院の鍼灸を受けてください。それは、術後のからだは著しく機能が低下し、鍼灸の効果が激減するからです。

いま現在、腰の症状でお悩みの方、また治療をおこなっている方は一度東洋はり灸院へご相談ください。

スタッフ一同、元気なからだを作るため全力で施術させていただきます。