二人目不妊でお悩みの方へ

男女
  • 「二人目がなかなか授かれない」
  • 「不妊治療で結果が出ない…」

二人目不妊(続発性不妊)でお悩みの方は年々増加しています。その背景には晩婚化・晩産化、また食生活の変化が関係しているといわれています。

現代医学において不妊治療は様々ありますが、東洋医学にもまた不妊に対する独自のアプローチが存在します。

  • 「今度こそ妊娠したい」
  • 「あらゆる手段を尽くして次の妊娠に臨みたい」

そうお考えの方に向けて本記事では、東洋医学専門の鍼灸施術について解説いたします。

妊娠しやすい体質にするための「食養」なども触れていますので、ぜひ最後までご覧いただき参考にしてみてください。

二人目不妊の原因

二人目不妊

二人目不妊は「続発性不妊」ともいわれ、一定期間の性行為があるにも関わらず二人目以降の妊娠が成立しない状態を呼びます。二人目不妊の原因として次のものが考えられます。

  • 分娩時・出産後に何らかの感染症にかかっているケース
  • 卵管の詰まりといった器質的・構造的な問題
  • 一人目の子育てによる体力・気力の低下
  • 男性側に何らかの問題があるケース
  • 老化の影響

妊娠・出産に関しては人工授精・体外受精といった手段もあります。ですが、「可能なかぎり自然な形で新しい命を授かりたい」そう、思う方も多いでしょう。

不妊治療は万人に有効ではない

妊活

不妊治療はホルモン数値や、妊娠に関する婦人科系の症状ばかりに着目します。

しかし、データはあくまでデータであり、そこから導き出される治療法が必ずしも有効とは限りません。

不妊はあくまで一つの状態であり、病気ではありません。病院の検査で異常がみつからない以上、その原因は個々に異なります。

最先端をゆく西洋医学の不妊治療といえど、万人に有効ではないことを覚えておきましょう。

東洋医学の捉え方

東洋医学

東洋医学は、生命力の低下が二人目不妊に関係していると捉えています。

実際、二人目不妊でお悩みの方の多くは次のような諸症状をお持ちです。

  • 冷え性
  • 肩こり・腰痛
  • 円形脱毛症
  • 喘息症状
  • 鼻炎
  • 花粉症
  • 不眠症
  • 胃腸障害
  • 逆流性食道炎

これらはまさに生命力が下がっているサインです。

からだの不調を辿り、弱った器官を見つけて改善することで、生命力そのものを引き上げるのが東洋医学の得意とするところです。

一人目が妊娠・出産ができている事実を考えれば、からだの機能自体に問題があることは考えづらいです。まずはからだのコンディションを整え、妊娠しやすい体質にすることが不妊克服のための最短距離になると東洋医学は考えています。

生命力を引き上げる鍼灸

女性

からだの弱った機能を高めるために、経絡(ツボの通り道)やツボに「針」「お灸」を施すのが鍼灸です。

最初の出産以降、母体の生命エネルギーは著しく低下しており、この回復は急務となります。

東洋医学の鍼灸は中国では4000年、国内においても1400年の歴史を誇る経験医学です。

不妊治療のためクリニックに通っているけれど、なかなか結果が出ない方は視点を変えて、東洋医学専門の鍼灸を推奨いたします。

食事の重要性

新しい生命を宿すには有害なものは避けて「生気」がある食品を積極的に摂ることが重要です。身体はすべて食べたものから作られているからです。

ここで一例ですが、東洋医学の食養理論についてお伝えします。

生命力を引き上げる食品

東洋医学

白米は一定期間水に入れておくと腐ってしまいますが、発芽玄米は芽を出します。これは生命力を宿している何よりの証拠ですので、積極的に玄米を摂るように心がけましょう。

また種子類は字のごとく「子」とつきます。

ひまわりの種カボチャの種などを摂ることで新しいエネルギーを蓄積することができます。

一物全体論(いちぶつぜんたい)

このほか、は部分的な切り身ではなく丸ごと一匹食べられるような状態が好ましいです。丸ごと“命”を頂くことで、生命力を分けてもらうことができます。

血液を汚す食品

血圧

「万病は血液の汚れから生じる」といわれます。

人体の隅々まで新鮮なエネルギーを届けてくれるのが「血液」です。

白砂糖や人工甘味料は血液を汚してしまいます。可能な限り、てんさい糖キビ糖に変更してみましょう。

過度な肉類の摂取も血液を汚し、血の巡りを悪くしてしまいます。お肉の食事を好まれる方は、肉類のなかでも“丸ごと”頂く状態に近い「鶏肉」を食べるようにしましょう。

加工品・添加物は避ける

食生活

日本国内だけでも1500種類以上の添加物があるといわれており、すべての添加物を避けることは難しいでしょう。

しかし新たな生命を授かり、育てるためにも、購入する食品にどの程度の添加物が入っているかの確認は習慣付けましょう。色々な食品に含まれる「乳化剤」「pH調整剤」、これらは紛れもない添加物です。

またカップ麺レトルト食品は添加物の“塊”であると認識しましょう。長期保存できることは魅力ですが、日常的に口に入れることは可能な限りたいところです。

東洋はり灸院の鍼灸施術

ここからは東洋はり灸院の鍼灸施術について、3点ほどお話しします。

1.東洋医学一筋の鍼灸

お灸

東洋はり灸院は4000年以上の歴史を持つ“東洋医学一筋”の鍼灸院です。

一般的な鍼灸院では受けられない

  • 中医学独自の原因診断である「四診法」
  • 全国2%の鍼灸院でしか受けられない高度な鍼灸技術「経絡治療」

を駆使して症状の根本改善に努めています。

不妊克服のためには、多くの症例をもつ「東洋医学専門の鍼灸院」を選ぶことがポイントです。

2.出産・子育てを見据えた施術

鍼灸

東洋医学は妊娠を「ゴール」だと考えておりません。

妊娠はあくまで通過点であり、出産時の母体、その後の子育てまでを視野に入れた施術をおこないます。

結果として大病になりづらい健やかなからだを手に入れることができ、元気な子育てができるようになります。不妊治療のあらたな選択肢として鍼灸をお選びください。

3.初めてでも安心の施術環境

鍼灸施術

「鍼灸は何だか怖い…」

そんなイメージをお持ちの方は多いことでしょう。

しかしご安心ください。東洋はり灸院は、経験豊かな国家資格者のみが施術しております。

また施術道具に関しても、「お灸」は熱さを感じづらい国産のもぐさを使用、「はり」は髪の毛よりも細いタイプを使用しており心配される程の痛みはありません。

施術内容やからだの状態は随時説明しておりますが、心配なことがあればお気軽におたずね下さい。

生命力を満たしてあらたな命を!

カップル

二人目不妊についてお話ししてきましたがいかがでしたか?

東洋医学による鍼灸は、からだの機能を回復させて妊娠しやすい身体をつくることができます。

出産を経験した身体はどうしても生命力が下がっています。逆をいえばみなぎる生命力があればもう一度妊娠できるということです。

二人目不妊でお悩みでしたらぜひ東洋はり灸院にご相談ください。持てる鍼灸技術と東洋医学の食養で最大限サポートさせていただきます。