動悸・息切れについて

動悸
  • 「手が震えて、いつもより脈が早く感じる」
  • 「胸がドキドキして息苦しい」
  • 「安静にしているのに息が乱れる」
  • 「横になると息苦しい」

このような動悸や息切れの症状がある場合は、一度病院での検査が必要でしょう。

ただし検査でこれといった原因が見つからない場合は、薬よりも東洋医学をオススメいたします。以下のようにそれぞれ得意としている医療分野が異なるからです。

  1. 西洋医学 = 「救急救命や外科的な処置」
  2. 東洋医学 = 「体質的な問題や慢性疾患」

本記事では東洋医学における動悸・息切れに対しての効果的な対処法を紹介しています。

動悸や息切れを根本から改善するためにも、ぜひ参考にしてください。

動悸・息切れについて

動悸

心拍が激しく感じたり、脈が乱れたりする状態が「動悸」です。また「息切れ」は、さほど激しい運動をしたわけでもないのに呼吸が乱れる症状を指します。

動悸の症状においては検査により

  • 脳卒中
  • 不整脈
  • 心臓病(心不全)

などとの関係性が疑われますが、重大な疾患が見つからない場合は次のような原因が挙げられます。

主な原因
  • 精神的なストレス
  • 貧血症状
  • 低血糖
  • 脱水症状
  • カフェインの摂り過ぎ

また息切れ症状の場合は、心臓とあわせて呼吸器系も疑われます。

原因が明らかな場合は手術や投薬などが有効ですが、そうでない場合は症状を一時的にごまかすための処置(対症療法)がなされるケースも少なくないようです。

東洋医学の考え方

木

「木を見る(西洋医学)、森を見る(東洋医学)」

東洋医学と西洋医学の違いはこのような言葉でよく表現されます。

動悸や息切れを部分的にみる西洋医学に対して、からだ全体から発せられる不調のサインから大元の原因を見極めるのが東洋医学です。

例えば、動悸や息切れにお悩みの方の多くは、「肺」や「肝」に関連する次のような症状をお持ちです。

「肺」が影響している症状

  • 鼻の症状
  • うつ症状
  • 眠りが浅い
  • 皮膚の症状
  • 風邪を引きやすい
  • 喘息症状
  • 便秘・下痢
  • 円形脱毛症
  • 末端冷え性

「肝」が影響している症状

  • 巻き爪
  • 目の症状
  • アレルギー症状
  • 肩こり・腰痛
  • 生理痛・生理不順

横になると息苦しくなる方は、肺の機能が弱っている傾向がよくみられます。

症状は同じでも原因は人それぞれ異なります。上記のような諸症状から身体のどの臓器が弱っているかを定め、一人ひとりの症状改善の最短ルートを決定するのです。

動悸・息切れには鍼灸を!

経絡イラスト

東洋医学の鍼灸は古来から伝わる伝統的な教えに従い、「五臓六腑」の弱った器官に有効な経絡へ針やお灸でアプローチする施術法です。

実際の施術に関しては、肺や肝のツボである

  • 壇中(だんちゅう)
  • 気来(きらい)
  • 大腸兪(だいちょうゆ)
  • 孔最(こうさい)

などに鍼灸を施します。

身体の不調は、個々の弱い部分にあらわれます。

動悸や息切れはあくまで表面的な症状であり、原因の根本解決にはからだの内部に働きかける必要があるのです。

東洋はり灸整院にお任せください

ここからは東洋はり灸院での鍼灸施術について3点ほどお話いたします。

1.脈診流について

カウンセリング

病院でおこなわれる“脈をとる”といった行為とは異なります。

東洋医学の脈診とは、指先の感覚を研ぎ澄まし、

  • 脈の質
  • リズム
  • バランス

などから全身の異常を見つけ、健康な状態(健康脈)へ導くためのものです。脈の状態を適宜確認することで、施術の方向性を確認しながら鍼灸施術を進めていきます。

これにより個々の身体にあわせた鍼灸施術をおこなうことができます。

2.病を未然に防ぐ体質づくり

人体模型

東洋医学の鍼灸はからだのコンディションを整え、自己治癒力を引き出します。

これに加えて心のバランスを図ることで、大病になりづらい健康なからだを作ることができます。

生活習慣食生活の見直しも重要なポイントとなりますので、担当スタッフよりアドバイスさせていただきます。鍼灸施術とあわせて進めていきましょう。

3.はり灸専門の鍼灸院

お灸

東洋はり灸院はマッサージや整体などを併用する鍼灸院とは異なり、東洋医学の鍼灸のみで成り立っている希少な鍼灸院です。

これは高い技術の証明と、効果を提供できる自信のあらわれでもあります。

東洋はり灸院の改善率は「93.7%」を誇ります。

体感的な心地よさよりも、病の根本改善に最大限「力」を注ぐ本物の鍼灸を体感してみてください。

※施術効果には個人差があります。

動悸や息切れはからだの中からスッキリ改善を!

女性

いかがでしたか?

動悸・息切れについて東洋医学の視点からお話させていただきました。

動悸や息切れの多くは、「肺」や「肝」の機能を高めることで改善することができます。特に肺が弱い方は、立春や立秋といった季節の変わり目に体調を崩しやすい傾向がよくみられます。

もし今現在、思い当たるような症状がございましたらぜひ東洋はり灸院にご相談ください。つらい症状を一日でも早く改善させるため全力でサポートさせていただきます。