耳管開放症でお悩みの方へ

  • 自分の話し声が響いて聞こえる
  • 耳が塞がっているように感じる
  • 自分の呼吸音が聞こえる

このような症状が繰り返される場合、「耳管開放症(じかんかいほうしょう)」を疑う必要があります。

耳管開放症は病後で痩せてしまった時などに症状がみられますが、最近ではダイエットブームの影響もあり健康な方でも発症するケースが増えています。

「原因が特定できないと言われてしまった」

「処方された加味帰脾湯(漢方薬)が効かない…」

こういった方もいらっしゃるようです。

そこで有効なのが東洋医学による鍼灸です。

本記事は、耳管開放症における東洋医学の対処法について詳しく解説しています。耳管開放症の早期改善のために、ぜひ参考にしてみてください。

耳管開放症とは

あくびをする時、何かを飲み込む時に耳の奥で「カチッ」と弁が開くような音が聞こえるでしょうか。これが、鼻と中耳の奥にある咽頭を交通する「耳管」が開いた時の音です。

通常耳管は特定の動作により開放されますが、これが何らかの理由、もしくは耳管周辺が痩せてしまうことで耳管が開いた状態になるのが耳管開放症です。

主な症状

耳管開放症の症状は主に

  • 自分の声が響いて聞こえる(自声強調)
  • 耳が詰まっているように感じる(耳閉感)

などがありますが、他にも難聴めまいがあれわれるケースもあります。

耳管開放症は下を向くことで症状が軽減したり、小康状態と再発を繰り返すといった特徴もあります。

症状が酷くなると自分の声量がわからなくなり、コミュニケーション障害に陥るケースもあります。

このほか、症状をおさえるために無意識に鼻すすりをする方も見受けられますが、これは「真珠腫性中耳炎」という病気に発展する可能性があるので控えた方がよいでしょう。

耳管開放症の発生要因

一般的にいわれる発生要因は次のとおりです。

  • 精神的なストレス
  • ダイエット
  • 運動後の脱水
  • 病後の体重減少

耳鼻咽頭科では耳鏡や耳用の内視鏡にて検査をおこないますが、病態を確認できてもその原因までは掴めないことがほとんどです。このため現代医学では耳管開放症の根治は難しいとされています。

治療は点鼻薬漢方薬のほか、薬を耳管内へ投与し意図的に鼓膜に炎症を起こし耳管を狭くする治療などもあります。

症状が快方に向かわない場合は手術となりますが、原因が特定できない以上、望むような結果になる可能性は高くないでしょう。

加味帰脾湯が効かないケースも

漢方を処方する耳鼻咽喉科も増えており、「加味帰脾湯(カミキヒトウ)」という漢方薬を処方された方もいることでしょう。しかし加味帰脾湯が、必ずしも患者さん全員に有効とは限りません。

人はそれぞれ異なる遺伝子で作られ、ちがう体質を持っています。そのため「〇〇の症状には〇〇の漢方薬が必ず有効」ということはありません。

漢方薬は西洋薬のような副作用や依存性はありませんが、その効果は体質や原因により異なります。加味帰脾湯もまた、万人向けの特効薬ではないのです。

東洋医学の捉え方

現代医学は検査結果や数字といった客観的なものから病名をつけて治療をおこないますが、東洋医学はこれと異なります。

東洋医学では

  • 症状
  • 体質や遺伝
  • 過去の病歴
  • 併せ持つほかの症状

などさまざまな切り口から病態を確認し、施術をおこなう医学です。

耳管開放症はからだの不調が、耳やその周辺に出ているだけです。からだの機能を正常化させれば、驚くほど自然に症状がおさまっていきます。

鍼灸が有効な理由

耳管開放症にお悩みの方は次のような症状をよくお持ちです。

  • ぜんそくなど呼吸器系のトラブル
  • 気管支炎
  • 円形脱毛症
  • 末端冷え性
  • 腰痛
  • 首、肩の痛み
  • 筋緊張型頭痛
  • 鼻炎
  • ドライアイ
  • 生理痛や生理不順

前述したように多くの場合、耳管開放症はからだの機能低下によるものです。そのため、これらの諸症状に向き合うことが耳管開放症を改善させる一番の近道となります。

そこで有効なのが東洋医学の中でも、即効性が期待できる鍼灸です。

鍼灸はからだに20カ所ある経絡(気・血の通り路)と複数点在する経穴(ツボ)に適切な刺激を加えることでからだの免疫や機能を高める施術法です。

耳管開放症のように病態がはっきりしない症状には、伝統的な鍼灸を強く推奨いたします。

東洋はり灸院の鍼灸について

ここからは東洋はり灸院の鍼灸施術の特徴を3点ほど紹介します。

1.東洋医学専門の鍼灸院

鍼灸院は数あれど、東洋はり灸院は「東洋医学専門」で施術をおこなっています。東洋医学は中国にて4000年もの歴史があり、積み重ねてきた知恵と経験がその医療を支えています。

そして東洋はり灸院は、伝統医学が持つ多くの症例を活かした鍼灸施術をしており、その症状改善率は93、7%を誇ります。

病院の治療で症状が改善しない方、また症状の早期改善を本気で望む方は、ぜひ東洋はり灸院をお訪ねください。

2.優れた効能をもつ「お灸」

鍼灸施術に用いられる「お灸」には優れた効果があります。

お灸の材料である艾(もぐさ)は、ヨモギの葉の絨毛という部分を精製して作ったものです。

その効き目は

  • 温熱効果による血行改善
  • 鎮痛効果
  • リラックス効果
  • 白血球の増進
  • 免疫機能の改善

などがあります。

お灸の施術時には香ばしい匂いと、ポカポカとした心地よさが体感できます。鍼灸がはじめての方もぜひリラックスした気持ちで施術を受けてみてください。

3.症状が再発しないからだを作ります

東洋医学はからだのコンディションを整えることで、自然治癒力を高める医学です。

そのため体質改善にも有効で、症状を緩和させると同時に不調が再発しないからだを作ってきます。

  • 「季節の変わり目にはいつも体調を崩す」
  • 「疲れやすく、栄養ドリンクが手放せない」

このような方は、ぜひ一度東洋はり灸院の鍼灸をお試しください。

耳管開放症に東洋医学という選択肢を! 

耳管開放症は少しマイナーな症状かも知れません。このため耳管開放症の治療が苦手なクリニックがあったり、薬を処方してお終いにされてしまうケースもあるかと思います。

しかし、お話ししてきたように耳管開放症は東洋医学の鍼灸なら改善することも可能です。

症状をあきらめる前にぜひ一度東洋はり鍼灸院にご相談下さい。あなたの不快な耳の症状を改善させるため、スタッフ一同全力で施術させていただきます。