ドライアイについて

ドライアイ

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 目がゴロゴロ、ショボショボする
  • 目が乾燥して痛くなる
  • モノがかすんで見える
  • 常に目に不快感を感じる

現代人は目を酷使しているとよく言われます。しかし、目を使用せずにずっと安静にしていることは難しく、一度ドライアイになってしまうと自然治癒させるのも困難です。

目を酷使する原因となるパソコンやスマートフォンの普及、またコンタクトレンズを装着する方が増えたことで、ドライアイの患者数は2200万人にものぼるといわれています。

ドライアイは重症化すると視力が低下したり、合併症を引き起こすこともある目の疾患です。決してあなどることはできない症状と言えます。

そこで今回は、このドライアイの症状について詳しくお話ししていきます。

ドライアイの症状

目薬

ドライアイは乾燥性角結膜炎(かんせいかくけつまくえん)とも呼ばれており、主に働き盛りで目を酷使する20~50代に起きる目の疾患です。またドライアイは女性に多く発症するともいわれます。

代表的な症状として、次のようなものが挙げられます。

  • 目が乾燥したように感じる
  • 目がゴロゴロと痛む
  • 光に過敏になり眩しく感じる
  • 眼精疲労

また、これらの症状のほかにも

  • 理由なく涙がでてくる
  • 白みがかった目ヤニががでる

などがあります。

日頃からよく使う目だからこそドライアイを不快に感じ、「少しでも早く改善したい」と目薬(点眼薬)を過度に使用してしまう方も少なくないようです。

ドライアイになる原因

女性

ドライアイは眼球を保護する涙の量や質が低下することで起こります。

また、ドライアイになりやすい方の傾向として次のものが挙げられます。

  • パソコンやスマホ操作で目を酷使している
  • エアコンの風が目に当たっている
  • コンタクトレンズを使用している
  • 長時間の運転をする

ドライアイの症状にはそれぞれ別の原因があります。一つずつ解説していきましょう。

目がかすむ場合

視力に問題がないのにも関わらずものがかすんで見える場合は、涙の供給量が不安定なことが原因です。

乾燥を感じる場合

ゲームやTVに夢中になると、まばたきの回数が減り涙の量が足りなくなります。そのため目が乾いたように感じてしまいます。

目が疲れやすい場合

涙の量や質が不安定な場合、疲れ目になります。一般的に眼精疲労と呼ばれるものもドライアイが原因になっている場合があります。

東洋医学と西洋医学の違い

漢方

現代医学(西洋医学)ではドライアイを根本改善することは難しいでしょう。それは、ドライアイが生活習慣や体質に大きく影響しているからです。

ドライアイになる原因が生活習慣や体質にあるのに、点眼薬などで治療をすすめることに疑問を感じませんか?

まして点眼薬には防腐剤による目への影響もあり、長期間使用した結果、角膜が破損したという実例まであります。

実は、ドライアイは病気ではありません。ドライアイはからだの不調のサインであり、その根本原因を治すことができれば、ドライアイの症状は自ずと和らぎます。

このような視点を持ち、症状の改善に努めるのが東洋医学なのです。

ドライアイ以外の症状

説明

お越しいただいた方をカウンセリングすると、ドライアイになる方は、

  • 生理痛などの婦人科系に異常
  • 末端冷え性
  • 頭痛や腰痛

などの症状を同時に抱えていることが少なくありません。

しかし、病院をはじめとする西洋医学では眼科では目だけを診察し治療を行うので、その他の症状を考えないのです。ですので、薬で一時的にはよくなってもまた再発しやすく、対症療法止まりとなってしまうのです。

一方、東洋医学専門の鍼灸なら、その他の症状も総合的に改善していくよう施術を行います。

ですので、本気でドライアイを直したいのであれば、西洋医学ではなく東洋医学の鍼灸を選ぶべきなのです。

東洋はり灸院の鍼灸を推奨する2つの理由

続けて、当院で行う鍼灸の特徴についてお話します。

体質改善には「経絡治療」

鍼灸

経絡治療は東洋医学における鍼灸の中で、もっとも高度な鍼灸技術です。東洋はり灸院はこの経絡治療を用いて体質改善を目指します。

そのため、東洋はり灸院の改善率は93,7%以上です。

どこへ行ってもなおらなかったドライアイも東洋はり灸院なら改善できると確信しております。

経験医学から導き出される鍼灸

中国4000年の歴史を誇る東洋医学には多くの蓄積があり、個々の体に合わせた適切な施術法が存在します。

ドライアイの場合、主に肝や肺の機能を高めるために次の経穴(ツボ)に灸を施します。

  • 百会
  • 臨泣
  • 風池

また、

  • 角孫
  • 目窓

といったツボに鍼(はり)をうつこともあります。

個人差はございますが、一つの目安として、早い方ですと4、5回の施術でよくなるケースもございます。根本改善を目指す場合は、4か月以上(16回程)の継続的に行っていくほうがよいでしょう。

このほかにも生活習慣を改善するための食事療法のアドバイスもさせていただきます。健康的な体作りを目指すし、生活習慣も一緒に浴していきましょう。

※施術効果には個人差があります

健康で良好な視界を取り戻そう

女性

いかがでしたか?

今回は、ドライアイについてお話させていただきました。

不快なドライアイの症状を改善するには、からだ全体の不調を総合的に見ていかなければなりません。

眼科では、涙の排出を止める「涙点プラグ」という治療法も用いられますがそんな不自然な治療をしなくてもドライアイは改善できます。

  • 目に違和感を感じて辛い
  • ドライアイの症状がを改善したい

そうお悩みの方は、ぜひ東洋はり灸院へお越しください。

続けるほどに効果を実感し、健康で良好な視界を取り戻せるようサポートさせていただきます。